頭皮の痛みの原因と3つの対策方法

頭皮の痛みの原因と3つの対策方法

頭皮がヒリヒリと痛くて気になる…そんな経験をしたことはありませんか?
特にどこかにぶつけた記憶もない場合には、頭なので心配になってしまいますね。
今回は頭皮の痛みの原因と、その対策についてお話していきたいと思います。

 

乾燥による刺激

頭皮は非常に薄い皮膚で出来ていますので、とてもデリケートな部分です。
水分も蒸発しやすく、乾燥が気になる部分でもあります。
特に乾燥が気になる季節には頭皮はカラカラの状態になりやすく、乾燥が進行してしまうと突っ張った感じやヒリヒリとした痛みとして症状が表れることがあります。

 

このような状態の場合には、とにかく十分な保湿を行うように心掛けて下さい。
「頭皮の保湿?」と思われるかもしれませんが、頭皮も顔のお肌と同じと考えてみて下さい。

 

保湿を行うことによって頭皮が潤うと、ヒリヒリ感や突っ張った感じはなくなってきます。
頭皮専用の美容液を使用する・シャンプー時にオイルを少量混ぜるなどの工夫をして保湿を心掛けましょう。

 

紫外線によるダメージ

こちらも意外な盲点かもしれません。
太陽の日差しが強くなってくる季節、頭皮の日焼けにも注意が必要です。
頭皮は皮膚が薄い上に太陽に一番近い位置にあり、黒い髪の毛に覆われているので太陽の光を集めやすくなっています。
また紫外線は黒い色のものに吸収されやすいため、日差しが強い時などは無防備で外出してはいけません。

 

外に出る時には帽子をかぶる・日傘を使う・紫外線防止スプレーを使用するなど、頭皮を守るように気を付けましょう。

 

外的な刺激

シャンプーの仕方・シャンプーの成分・髪の毛の乾かし方・寝造などによっても頭皮が傷ついてしまうことがあります。

 

汚れを落とそうとするあまりにゴシゴシと力を入れて洗ってはいませんか?
力を入れすぎると摩擦が起こりますので、頭皮が傷ついて乾燥を招いたり・そこからばい菌が入って炎症を起こしてしまうこともあります。

 

またシャンプーの成分が強すぎると、頭皮にダメージを与えることがありますので注意が必要です。
髪の毛の乾かし方にもポイントがあり、自然乾燥は水分を必要以上に蒸発させてしまうので乾燥の原因になります。
低温のドライヤーで頭皮に直接当てないように気を付けながら、髪の毛の根元部分から丁寧に素早く乾かしていきましょう。

 

意外なことに寝造によっても頭皮にダメージを受けることがあります。
枕などを使用しないで寝ている場合、布団に頭皮と髪の毛を擦りつけている場合があるのです。
この摩擦によって頭皮に傷がついてしまうことが稀にありますので、寝造が悪い方は枕などを使用した方が良いでしょう。

 

 

 

このように頭皮の痛みが起こるには意外な原因が潜んでいることが分かりました。
ご紹介した3点を含め、日々の生活に気を付けて頭皮を守って下さい。