頭皮ケア.jp|原因は痛み!?頭皮のかゆみ対策と湿疹ケア方法

頭皮にストレスが溜まってしまう人の特徴

ストレスによって自律神経がうまく働かなくなってしまう人

人間には、交感神経と副交感神経のふたつが交互にはたらくことにより、自律神経が正常に保たれます。

 

しかし、悩みを抱えて、よなよなくよくよと長時間にわたりその悩みをこころやあたまのなかにとどめてしまい、悩みを解消しないことを続けると、交感神経と副交感神経のバランスが崩れてしまうことがあります。
とても繊細な作用であり、脳から分泌され身体の全身に作用します。

 

ストレスをうまく解消できない、悩みをうまく流せなかったり、滞ってしまうことによって、「緊張と緩和」がうまく出来ない状態になると、頭皮にも影響がでて、頭皮ストレスを抱えてしまうことになります。
水が流れるごとく、起こった出来事をうまくながせる事、消化することが、健康を保つ秘訣となります。

 

自立神経は、無意識的なことでもありますので、自分ではきをつけにくいものです。
精神的な内的要因を解決するのも難しいことですが、リラックスできる方法や、趣味などで、解消できる環境をつくることはストレスを抱えない暮らしをするのにあたって重要な要素となりますので、軽視せず取り入れていみましょう。

 

長時間のデスクワーク、パソコン等をして、運動をまったくしない人

運動不足は、体内の水が滞ってしまう原因になります。
生活習慣病の改善でまずあげられるのが運動を推奨することですが、多くの現代人は、通勤や日常の動作のみで、適度な運動をしていないのが現状です。

 

パソコンやデスクワークでは、動かす部分が限られています。
指や目しか動かなかったり、他は固定されている状態です。そして頭のみが働いている状態にあります。
心身ともに健康にいられるには、すべてのバランスが整う必要があります。

 

あたまだけが 過剰に働き過ぎてしまって、身体が滞ってしまう状態を長く続けることによって、頭皮ストレスにも影響を及ぼします。
頭皮湿疹のように、病状となってあらわれたり、ホルモンの分泌が過剰になったり、減少したりと、頭皮のかゆみや臭いにも影響が及ぶことになります。

 

適度な運動に寄って、心身のバランスを整える事が重要な鍵となりますので、とりいれていきましょう。

 

食べ過ぎ、飲み過ぎ、タバコを過剰鵜な摂取をしている人

頭皮のストレス、精神的なストレス解消策として、食べる事で解消された気になってしまうことがよくあります。
根本的には解消されてはいないけれど、気がまぎれるのでついついストレスを溜めると、お菓子を暴食したり、お酒を暴飲ひたりしてしまったり、たばこをすい過ぎたりしてしまいます。

 

ストレスを緩和しているつもりでも、体内にどんどん老廃物が溜まり、様々な病気にも影響し、身体をむしばんでしまう原因となり危険です。

 

お菓子などで摂取してしまう油分も頭皮の皮脂に大きく影響し、体臭も強くなり頭皮の臭いも強くなる原因となります。
食べる事は適度に抑え、良質なものを少しだけ食べて満足できるようになることが改善の道と言えます。

 

特徴を3つ以上あげて下さい